日本の環境放射能と放射線
食品から受ける放射線量(預託実効線量)
  使い方ガイド
預託実効線量TOP  試料の選択  計算結果の表示
自然界に広く存在する放射性物質は食品にも含まれます。
放射性物質は、食品の摂取により人体の組織に取り込まれます。日常生活においても、わずかですが体内から放射線を受けます(内部被ばく)。
このページでは、体内の放射線から人体がどの程度影響を受けているか、を知るための放射線量(預託実効線量)を調べることができます。


詳しい説明
用語の説明
計算方法
計算例
食品カテゴリー単位で計算
 
 
  日常食から受ける放射線量
 

Get macromedia FLASH PLAYER 本ページをご覧になるには、Flash Playerが必要です。
お持ちでない方は、左のリンクアイコンをクリックして入手して下さい。
このサイトの動作環境について
本ホームページは、原子力規制庁の委託により公益財団法人日本分析センターが運営・管理しています。
利用者が本ホームページの情報を用いて行う、一切の行為について責任は負いかねますので、予めご了承下さい。